福島市にある音楽堂主催のYouTube演奏会に長谷川ファミリーで出演しました。


「瑠璃色の地球」

演奏:長谷川ファミリー


私は東京からの参加です。

弟のお嫁さんはバレリーナで、

演奏だけでなく、バレエも楽しめる映像ですので、

どうぞご家族皆さんでご覧ください!




今春から始まった、福島出身の作曲家、古関裕而を題材にした朝ドラ「エール」。




福島では、知らない人はいない古関裕而。

福島駅の新幹線の発車ベルや、音楽堂の隣にある記念館が有名ですね♪

昨年から、この放送を楽しみにしていました。


ちょいちょい出てくる福島名菓に地元を思い出しながら、毎朝楽しみに見ています。


今週から、奥さんの音が、音楽学校に通うようになっていますが、音の憧れでありライバルである千鶴子さん。

あれ?まゆこちゃん!


2年前にミュージカルでご一緒した小南満佑子ちゃんが演じていました。















その時の記事


「才能なんて言葉、嫌い」という千鶴子さんのシーンが印象的でしたが、ミュージカルの舞台裏では愛くるしくて人懐っこいまゆこちゃんと、全くギャップのあるセリフでした。


歌のシーンは、言うまでもなく、日本を代表するミュージカル女優さんですから、圧巻です。


音楽シーンもたくさんある「エール」、これからの放送の楽しみが増えました!


そして、この情勢が落ち着いた暁には、皆さん、どうぞ福島に足を運んでください。




以前、シャンフィーユのテレワーク演奏会の様子をお知らせしていましたが、


この度、You Tubeでのチャンネルも作りまして、


テレワーク演奏会、第4弾まで仕上がっています。


「シャンフィーユ ちゃんねる」


ぜひご登録をお願いします。



これまでにアップした曲は、


・となりのトトロより「さんぽ」

・都築益世 作詩、宇賀神 光利 作曲「おててをあらって」

・星野源「うちで踊ろう」

・武満徹「明日ハ晴カナ曇リカナ」


どれもシャンフィーユらしいアレンジでお届けしていますが、

流行りにのって、星野源さんとのコラボは一度聴いて欲しいです。






本当は、生の息遣いや空気感を感じてもらいたいので、

ステージに来て、聴いていただきたいですが、

それが以前のように、普通にできるようになるまでの我慢。


テレワークという流行りにのったやり方でしたが、

新しい演奏のスタイルや可能性を見つけ、

さらには音楽を作る上で、

普段だったら見過ごしていたようなことを改めて感じたり、

新しい発見をしたり、

録画録音で、自分の演奏をじっくり見たり聴いたりする機会も増えたので、

自己反省会につなげたり、

なかなか楽しんで作品を仕上げていっています。


次回は、お子さん向けの演奏作品を作る予定です。

更新を楽しみにしていてください。


© 2014 by Chizuru Nakamura Official Website. All rights reserved

Design"Aya Nagasawa"