中村千鶴/Chizuru Nakamura

 

 

福島県福島市出身。

 

第2回バッハホール音楽コンクールヴァイオリン部門で第2位の未来賞受賞。

日本クラシック音楽コンクールヴァイオリン全国大会入賞等、コンクール受賞歴多数。

2006年、アジアユースオーケストラ(2010年高松宮殿下記念世界文化賞、若手芸術家奨励制度の部門受賞)のオーケストラメンバーとして選ばれ、香港や中国、日本などで全14公演を行う。

2007年、ウィーン国立音楽大学マスタークラスを奨学生として受講。

2008年と2010年に福島と東京にてソロリサイタルを開催、好評を博す。

2014年、声楽家の母、チェリストの弟と共に結成する「長谷川ファミリーほのぼのコンサート」は、県内外の学校に音楽を届ける活動が認められ、福島県「みんゆう県民大賞 芸術文化部門」を受賞する。その公演回数は1000回を超える。

 

 

これまでに保井頌子、荒井雅至、故・田中千香士、松原勝也、室内楽をWeber Jürgen、北浜怜子の各氏に師事。

 

東京学芸大学芸術文化課程卒業、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。

現在、ソロを始め、室内楽や全国のオーケストラなどで客演奏者として演奏活動を行うとともに、

クラシック音楽コンクール等、全国大会審査員や、東京学芸大学、東京音楽大学で非常勤講師を務めるなど、

後進の指導にも力を注いでいる。

© 2014 by Chizuru Nakamura Official Website. All rights reserved

Design"Aya Nagasawa"