二人の育児


ブログでのご報告が遅くなってしまいましたが、先月、第二子となる女の子を出産しました。

「二人目は楽だよ〜」

という先輩ママ方の言葉通り、よく飲み、よく寝てくれる長女なので、

私も赤ちゃんが寝ている時間は一緒に休まることができ、だいぶ体力が回復しました。

二人目育児は、一度経験したことがあることなので、赤ちゃんのお世話に関しては気持ちにも余裕があるのですが・・・

大変なのは上の子との同時のお世話!!

昼間は上の子は保育園で過ごしているので、私は赤ちゃんと穏やかな時間を過ごしているのですが。

夕方、保育園から帰ってきて、ご飯〜お風呂〜就寝の時間がまるで戦場。

イヤイヤ期、第一次反抗期マックスの2歳児のお兄ちゃんは帰宅するなり、

「みかん、たべたいよー」

「おいも!おいも!」

と腹ペコ怪獣ぶりを発揮します。

「もうすぐご飯だからもうちょっと待っててねー」

となだめながら夕飯の支度をしていると、

お兄ちゃんの大声に反応して、赤ちゃんも泣き出します。

そんな赤ちゃんを脇目に、とにかくお兄ちゃんのご機嫌を持ち直すためにご飯をテーブルに出し、食事を介助しながら(まだ一人では食べれない)、ようやく泣いている赤ちゃんを抱っこしてあやしていると、

お味噌汁バシャーン

えーーー、こんな時に・・・やってくれましたね、お兄ちゃん。

(自分も甘えたくて、気を引こうとわざとしているのかも。)

片付けしている脇で、またもや赤ちゃん号泣。

赤ちゃんの鳴き声がもはやBGMになってきています。

ようやく食事が終わり、今度はお風呂。

母「お風呂行くよー。」

長男「いかない」

母「あったかいお風呂にはいろー。」

長男「やだ」

こんな攻防戦が繰り広げられ、時には強制連行でお風呂場に連れて行き、入浴。

まだ沐浴中で一緒に入ることのできない赤ちゃんは、その間、リビングのベビーベットで待っていて、寝ていたり、機嫌がよければいいのですが・・・

赤ちゃんの鳴き声を気にしながらお風呂に入り、自分のことはパパッと済ませます。

その頃には、お風呂場のおもちゃで夢中になっているお兄ちゃん。

今度はその遊びをなんとか終わらせるよう仕向け、あがらせるのも一苦労。

やっぱりここで赤ちゃんの鳴き声が聞こえてきてしまっても、ごめんなさい。

すぐに駆けつけることができません。

寝かしつけも、まだ甘えたい盛りの2歳児は、私が隣にいないと寝られません。

赤ちゃんを抱っこしながら寝かしつけようものなら、

「あかちゃん、だめー」と甘えが一日の中で最高潮です。

なので赤ちゃんに先に寝てもらって、上の子の寝かしつけに専念です。

寝息が聞こえてきた頃には、私もぐったりで一緒に夢の中・・・

主人が帰ってきたことにも気がつきません。

が、不思議と赤ちゃんのちっちゃなうなり声や、泣き声には気がつくんですね。

夜中に目が覚め、オムツ替え、授乳、オムツ替え、授乳・・・を繰り返し、気がつくともう朝。

そんなこんなでまた1日が始まります。

母は強くないとやっていけませんね。

今月に入って、大学に復帰しました。

先週、久しぶりに朝の電車に乗り、電車から見える清々しい朝日に感動しました。

いつの間にか季節は冬になっていて、空気は冷たくも澄んでいて、

毎日のドタバタで見過ごしていたものを感じることができて、

今日も一日がんばろう、という気持ちになったのです。

今月は本番も控えています。

今日は疲れてしまったので、この辺で。

お知らせはまた後ほどします。

バウンサーに乗って、練習に付き合ってくれる赤ちゃんです。

2時間近くも静かにしていてくれるので、私の方がバテて先に降参です。

#育児のこと

© 2014 by Chizuru Nakamura Official Website. All rights reserved

Design"Aya Nagasawa"