Chant-fueilles in 市川


今日はChant-fueilles(シャンフィーユ)の三人で、赤ちゃんとそのお母さん方に音楽を届けてきました。

私の息子と同じくらいの赤ちゃんたち。

音楽にどんな反応を示してくれるのか、とても楽しみでした。

会場に入ってくるなり、いつもとは違う広い空間に、

お母さんから離れようとしない子、

はしゃぎ回ってあちこち歩いている子、

楽器を持っている私に興味を持って近寄ってくる子、

など色んなお子さんがいました。

演奏は、お客さんと同じ目線のフラットな会場だったので、

みなさんの反応がよーく分かりました。

飽きて泣いちゃったりしたらどうしようかな、と心配な面もありましたが、

いざ始まってみると40分があっという間。

「静かに聴いて下さい」というようなコンサートではなかったので、

子どもたちの反応を感じながら、和気あいあいと楽しく演奏が出来ました。

美絵子さんのピアノを真似して、演奏中に舞台に出てきてピアノの鍵盤を叩いている子がいたり、

ソプラノの麻衣さんのうたにびっくりして、目を丸くして聴いている子がいたり、

私がバイオリンで速いパッセージを弾いている時に、一緒に頭をフリフリしている子がいたり、

ちょっとお兄さんお姉さんのお子さんたちは、一緒に元気よく身体を動かしたり歌ったりしてくれました。

試行錯誤して作り上げた、シャンフィーユ オリジナルの音楽えほん「そらまめくんのベッド」も、

いつも読んでいる絵本に音楽がついて感動した!などの意見をもらい、好評だったようで、嬉しかったです。

一つ、残念だったのは、演奏の様子の写真を撮ってもらうのを忘れた事・・・

演奏後、会場となった幼稚園のホールの前でパチリ。

今後からは、写真を撮る習慣をつけておかなきゃですね。

楽しい一日をどうもありがとうございました!

皆さんに、音楽で楽しいひとときを過ごしてもらえるよう、

シャンフィーユは次に向けて頑張っていますよー。

こんな曲が聴きたい、こんな絵本を朗読してほしい、

などリクエストがあればじゃんじゃんお知らせくださいね。

ではまた。

#演奏会のこと

© 2014 by Chizuru Nakamura Official Website. All rights reserved

Design"Aya Nagasawa"